地盤改良工事の追加費用は無し

建築事務所の方とリクシルのショールームに行ってきました。

コストダウンのためキッチンやシステムバスなど水回りの見直しと、電気工事と照明の追加見積もりの話しをしてきました。
そのことは追々書きたいと思います。

ほかには工事の状況をお聞きしたのですが、予定どおり地盤改良に入り柱状改良を進めるとのことでした。
また地中に作る柱状の杭は5mでいくとのことでした。

ほぼ予定通りに進んでいるので、それが終われば基礎に入り、5月末おそくとも6月初めには上棟とのことでした。

地盤改良について、いろいろな人のブログなどを見ていると、
地盤調査後に地盤改良が必要との結果になって追加工事費用として70万円追加費用の請求されたとか、
もともと地盤改良で100万円の概算見積もりをしていたが250万円に膨らんだとか、
いろいろな話しが散見しているように思います。

つまり契約段階から地盤改良がある想定で、少し多めの額をバッファとして考えておくほうがいいのかなと!

今回、家を建てる土地の場合、古民家付きでもともとの擁壁もあり高低差があるので、擁壁に負担がかからないよう、もしも土が潰れても建物が傾くなど影響がでないように、柱状改良という地盤改良をする前提で見積もっていました。

自分の場合、契約に際して、地盤改良で予定以上の費用が発生した場合は追加費用は請求しない、見積もりを下回る工事となった場合は、差し引きするということでサインをしました。

なので、もとより地盤改良について追加費用が発生することは無いのですが、
いまのところ予定どおりの結果のようなので、差し引きもなしです^^;

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする